沈阳新干线日语
全国服务热线:400-0011-674

位置:沈阳新干线日语 > 学校动态 > 日语「傷」和「怪我」有什么不同

日语「傷」和「怪我」有什么不同

来源:沈阳新干线日语时间:2019/11/11 10:31:09

日语中“受伤”有「傷」和「怪我」两种表达,一些人认为皮肤等比较小的损伤叫「傷」,伤筋动骨等比较大的损伤叫「怪我」,但其实这种区分是不正确的,接下来就一起来了解一下到底有什么不同吧。

 

  皮膚のみの比較的小さな損傷を「傷」と言い、骨や筋肉に達する比較的大きな損傷を「怪我」と言うなど、傷と怪我の違いは損傷部分の大きさと言われることもあるが、傷と怪我にそのような区別はない。

  好多人都认为皮肤等比较小的损伤叫「傷」,伤筋动骨等比较大的损伤叫「怪我」,像这样因损伤的严重程度来区分「傷」和「怪我」。但其实「傷」和「怪我」没有这样的区别。
 

  傷は、皮膚や肉が切れたり破れたりすること。その部分をいう。

  「傷」指的是皮肤或肉被割伤或是破掉的地方。
 

  また、皮膚や肉に限らず、精神的な痛手、物の表面の裂け目や欠けた部分、欠点、不名誉の意味でも用いられる。

  此外,不仅仅是皮肤或肉,还指精神上的创伤、物品表面的裂痕或是瑕疵的地方,也用于指缺点、不光彩的部分。
 

  怪我は、傷を負うこと。その傷を意味する。

  「怪我」指的是受伤本身。
 

  体の損傷という意味では、傷も怪我も大きな違いがないように思えるが、語源から考えると違いがわかる。

  在身体上的损伤这层意义中,「傷」和「怪我」没有很大的区别,但从语源来考虑,就能有区别了。
 

  傷は「切る」「刻む」などから転じたと考えられており、負傷することや、負傷した箇所を直接的に表した言葉である。

  「傷」因为是由「切る」「刻む」等词转化而来,所以是直接表达“负伤”、“受伤的地方”的词语。
 

  怪我は「穢る(けがる)」「穢れる(けがれる)」の語幹からと考えられ、「過失」「思わぬ事態」「不測の結果」が本来の意味。

  从「怪我」是「穢る(けがる)」「穢れる(けがれる)」的语干来考虑,它本来的意义是“过失”“意想不到的事态”“不测的结果”。
 

  そこから、「過って傷を負うこと」「思いがけず傷つくこと」を意味するようになったもので、傷を負う過程を含んでいるのが「怪我」である。

  因此,「怪我」有“因故负伤”、“意外受伤”的意思,包含了受伤的过程。
 

  「傷口」や「傷跡」など、損傷した箇所を表す際は「傷」が多く使われ、「怪我をする」など、傷を負うことを表す際に「怪我」が多く使われるのも、傷が直接的な表現で、怪我が傷を負うまでの過程を含んでいるためである。

  「傷口」和「傷跡」等表达受伤的地方时多用「傷」,而「怪我をする」等表达受伤这个事情的时候多用「怪我」。「傷」是直接的表达,而「怪我」包含了受伤的过程。

尊重原创文章,转载请注明出处与链接:http://www.peixun360.com/296/news/100908/违者必究! 以上就是沈阳新干线日语 小编为您整理 日语「傷」和「怪我」有什么不同的全部内容。

温馨提示:提交留言后老师会第一时间与您联系!热线电话:400-0011-674